2013年10月に水銀条約(水銀に関する水俣条約)が採択されてから3年を機に、蛍光管(水銀が使われています)の適正処理をめざすフォーラムを開催します。詳しくは添付のチラシをご覧ください。

【日時】2016年10月12日(水) 13:30~16:30

【場所】コープイン京都 2階会議室

【プログラム】

講演「水銀条約をふまえた国内対策の具体化状況について」 枝 礼子(経済産業省製造産業局化学物質管理課)

報告1「水銀条約をふまえた廃棄物対策の課題」 金谷 健(滋賀県立大学環境科学部環境政策・計画学科教授)

報告2「水銀使用製品の処理実態について」 山田康生(野村興産株式会社)

報告3「蛍光管の適正処理のための課題について」 原  強(コンシューマーズ京都理事長)

【主催】特定非営利活動法人コンシューマーズ京都・一般社団法人蛍光管リサイクル協会

【後援】京都府・京都市

161012 蛍光管適正処理フォーラム チラシ