第52回京都消費者大会 詳細

開催日:2021/05/29 イベント
UPDATE 2021-04-15

  210529 第52回京都消費者大会 ちらし確定版表面のサムネイル

「“エシカル消費”で築く新しい日常」をテーマにして、第52回京都消費者大会を開催します。

京都府・京都市との共催で、今年度の「消費者月間行事」としても位置付けています。

 

【日時】2021年5月29日(土) 13:30~16:00  (開場13:00)

 

【場所】京都経済センター 会議室6-C 

      ・京都市営地下鉄烏丸線「四条駅」北改札から26番出口直結

      ・阪急京都線「烏丸駅」西改札から26番出口直結

 

【プログラム】 

講演 「世界に優しく、地域に楽しく、自分に美しく」

    ~フェアトレードタウンでエシカル消費~

    講師:原田さとみ氏

     (エシカル・ペネロープ株式会社代表取締役、一般社団法人日本フェアトレード・フォーラム代表理事)

 

講演 「青果小売の現場から考える食材ロスと消費者意識」

    ~食材ロスの解決は足るを知る姿勢と半径5mの仲間と共に生きることから始まります~

    講師:近藤貴馬氏 (西喜商店 四代目)

 

座談会 「探してみよう! 私にできる“エシカル消費”」   講演会講師 ほか

 

【主催】NPO法人コンシューマーズ京都・京都府・京都市

 

【参加費】 無料

 

【参加方法】 ①当日会場での参加 先着順50名

       ②Zoomウェビナーにてオンライン参加

 

【申込方法】

・申込期間:5月1日(土)~5月25日(火)

・オンライン参加希望の方は必ず「Zoom招待状を受け取るメールアドレス」を明記してください。

・下記のイベントお申込フォームからお申込みいただけます。連絡事項の欄に来場かオンラインかを明記してください。

・FAX(075-251-1003)の場合、様式は任意のものでかまいませんが、この用紙もお使いいただけます。

  210529 第52回京都消費者大会 ちらし確定版裏面のサムネイル

 

 

 

第52回京都消費者大会

イベント
UPDATE 2021-03-31

第52回京都消費者大会を開催します。

共催相手とのとりきめにより、詳細は4月中旬に公表いたします。

【日程】2021年5月29日(土) 13:30~16:00

【場所】京都経済センター、オンライン

【テーマ】 「“エシカル消費”で築く新しい日常」

京都府議会「預託法等の改正及び執行強化を求める意見書」採択

その他
UPDATE 2021-03-23

コンシューマーズ京都・京都府生活協同組合連合会・京都消費者契約ネットワークの三者連名で

京都府議会に対して「預託法等の改正及び執行強化を求める意見書」採択の要請をしていましたところ、

昨日3月22日の京都府議会2月定例会閉会日において、全会派賛成で採択されました。

府議会の意見書採択のページは下記です。

 https://www.pref.kyoto.jp/gikai/katsudo/tere/r0302-te/2102-ikenshoketsugi.html 

210322 京都府議会「預託法等の改正及び執行強化を求める意見書」採択のサムネイル

 

 

 

東日本大震災・東京電力福島第一原発事故 10年目のメッセージ

その他
UPDATE 2021-03-17

東日本大震災・東京電力福島第一原発事項から10年目を迎え、コンシューマーズ京都では、理事会において下記のメッセージを決議しました。

 

   東日本大震災・東京電力福島第一原発事故10年目のメッセージ

2011年3月11日14時46分、東日本を中心にマグニチュード9.0の大地震が発生し、それによる巨大な津波が人々の暮らしを無残に破壊しました。この様子は発達した情報映像通信網によってリアルタイムで世界に伝わり、大きな犠牲とともに私たちは多くの教訓を得ました。しかしながら、10年が経過しましたが、その復興は遅々として進んでいません。未だに、住居や働く場がもとに戻っていない方が多数おられます。

また、地震・津波という自然災害による被害にとどまらず、東京電力福島第一原発事故が人々に大きな禍根を残しました。原発は安全に稼働されていると政府や電力会社から聞かされてきましたが、安全の根拠は極めて曖昧であり、今後もさらに規模の大きい「想定外」の事故が起こる危険性はじゅうぶんにあります。

 東日本大震災、東京電力福島第一原発事故から10年が経過し、NPO法人コンシューマーズ京都は政府に対して以下の要望をいたします。

  1. 放射能汚染から避難されている方々の想いに寄り添い、くらしの再建に責任を持ってください。
  2. 今後30年以内に高い確率で巨大地震が発生すると予測されています。1日でも早く原子力発電所を停止してください。稼働停止中の原発を絶対に再稼働させないでください。
  3. 現在見直しが進んでいるエネルギー基本計画においては、集中電源方式から分散型電源方式に切り替え、環境負荷の少ない持続可能な自然エネルギーの開発を急務としてください。

 

210317 東日本大震災10年目のメッセージ【確定版】のサムネイル

 

 

 

使い捨てプラを減らそう 学習&報告会

開催日:2021/03/08 講座・学習会
UPDATE 2021-02-09

210308 使いすてプラを減らそう チラシ表 再版確定版のサムネイル  210308 使い捨てプラを減らそう チラシ裏 再版確定版のサムネイル

コンシューマーズ京都では昨年度のプラスチックごみのアンケート活動に引き続いて、今年度もプラスチックごみについての調査と学習を進めています。

まず9月4日に事前学習会を開催し、その後アンケート活動をスタートさせました。

その報告とさらなる学習を進めるために、上記チラシのような学習&報公会を計画しました。

なお、この行事は京都市ごみ減量推進会議の2020年度市民等からの提案によるごみ減量モデル事業助成金を受けて開催します。

【日時】 2021年3月8日(月) 15:00~16:30

【会場】 京都経済センター 6D会議室

【会場参加費】資料代500円 (オンライン参加は無料とし、資料は画面共有のみです)

【プログラム】

講演 「プラスチックの環境問題を考える」 講師:田中周平氏(京都大学地球環境学堂 准教授)

報告① 「京都市循環型社会推進基本計画」 京都市ごみ減量推進課

報告② 「容器包装プラ回収の現場から 報告と提案」 安田産業株式会社 地球環境室

報告③ 「レジ袋アンケートの結果報告と提案」 コンシューマーズ京都

【お申込み】

京都経済センターでの実参加(定員40名) または Zoomによるオンライン参加 のどちらかでご参加ください。

申込は上記チラシ裏面をご利用 または 下記のイベント申込フォームからもお申し込みいただけます。

Zoom参加の方は必ずZoom希望と明記したうえで、Zoom招待状を受け取りたいメールアドレスを書いてください。

【主催】コンシューマーズ京都

 

 

第59回全国消費者大会 (オンライン開催)

開催日:2021/03/13 イベント
UPDATE 2021-01-29

210313 第59回全国消費者大会 ちらしのサムネイル  210313 第59回全国消費者大会 ちらし裏面のサムネイル

3月13日(土)に第59回全国消費者大会を開催します。

昨年度3月に予定しておりました第58回は新型コロナウイルスの影響で中止となりました。

今年度はオンラインで開催しますので、全国のみなさまに参加していただきやすくなりました。

コンシューマーズ京都は実行委員として企画に参加しております。

定員は各セッションごとに300名で、希望するセッションのみの参加が可能です。

申込方法はチラシの裏面に掲載しておりますので、そちらをご覧ください。

 

 

第1セッション

コロナ禍と環境 10:00~11:30

コロナ禍からの新たな社会「グリーンリカバリー(緑の復興)」~経済復興と共に脱炭素社会へ~

講師:小西雅子氏  世界自然保護基金(WWF)ジャパン専門ディレクター

 

第2セッション 13:00~14:30

コロナ禍と人権

生活貧困・貧困の現場で起きていること~「自助」「自己責任」で解決するのか~

講師:藤田孝典氏  聖学院大学心理福祉学部客員准教授、社会福祉士

 

第3セッション 15:30~17:00

コロナ禍とデジタル社会

デジタル化社会の光と影~あなたの情報はどう取り扱われているのか~

講師:カライスコス・アントニオス氏  京都大学大学院法学研究科准教授・博士(法学)

 

 

核兵器禁止条約発効を祝うメッセージ

お知らせ
UPDATE 2021-01-22

2021年1月22日に核兵器禁止条約が発効されることを受けて、コンシューマーズ京都では、12月の理事会において、「核兵器禁止条約発効を祝うメッセージ」を決議しました。

 

 

「核兵器禁止条約発効を祝うメッセージ」  

 

2021年1月22日 核兵器が違法となる記念すべき日を私たちは心から祝いたいと思います。

ヒロシマ・ナガサキの地で人類に使われた大量破壊兵器はその爆発の威力にとどまらず、放射能という長く環境や健康を害する人類の生存をも左右する恐ろしいものでした。

消費者の命と暮らし、そして環境をまもることを目的に活動してきたコンシューマーズ京都は、核兵器の廃絶を訴えて歩くピースパレード(平和行進)に参加して核兵器の廃絶を訴えてきました。

「こんな思いは二度と誰にもさせてはいけない」「核兵器は廃絶すべき」と訴える被爆者の声、「青い空は青いままでこどもらに伝えたい」と歩く母親たち、訴えに共感し核兵器廃絶を願い共に歩いた幾千万もの名もなき先人たちの想いが実を結ぶことを心から喜びたいと思います。

日本政府は核兵器禁止条約を批准し、核抑止政策を転換し、日本国憲法の前文にあるように国際社会において名誉ある地位を占めて欲しいと思います。

今、世界では地球温暖化という国を超えた問題に、持続可能な開発目標を掲げて企業も、若者たちも動き出しています。

核兵器を作る企業に投資する銀行を公にして資金の流れを変えるDon’t Bank on the Bomb(核兵器にお金を貸すな)キャンペーンも始まりました。

私たちは自分たちの消費や投資行動が経済を動かしていることを自覚し、税金の集め方、使われ方に関心を持ち、政治へ参加することで国や世界を動かしていきましょう。

消費者市民社会の主体者となり、核兵器廃絶への工程に参加していきましょう。

核兵器禁止条約の発効を歓迎し消費者市民として、責任を持って未来を作っていきましょう。

 

                 特定非営利活動法人コンシューマーズ京都(京都消団連)

      201214 核兵器禁止条約発効を祝うメッセージのサムネイル                  

 

 

消費者力パワーアップセミナー2020(第2期)を開催します。

開催日:2021/02/25 講座・学習会
UPDATE 2021-01-18

210225_26 パワーアップセミナー2020第2期 ちらし表 確定版のサムネイル   210225_26 パワーアップセミナー2020第2期 ちらし裏 確定版のサムネイル

京都生活協同組合・京都市・京都府とともに4者共催で開催してきた消費者力パワーアップセミナーは今年度で14年目を迎えました。そのときどきの情勢を鑑みながら企画してきました。今年度の第2期は「老いる前の整理のポイント」を、(A)家の中の整理 (B)お金回りの整理 のふたつの視点から学習します。

セミナーA 老後を安心・安全に暮らせる住まいをめざして(家の中の整理)

  日程① 2月25日(木)10:00~11:30

  日程② 2月26日(金)14:00~15:30

セミナーB 老後でもわかりやすい家計をめざして(お金回りの整理)

  日程① 2月25日(木)14:00~15:30

  日程② 月26日(金)10:00~11:30

 

セミナーA、B どちらも2回ずつ開講し、それぞれ同じ内容ですのでどちらかご都合の良いほうへご参加ください。

2月2日(火)から「京都いつでもコール」にて、各回定員先着20名で申込を受け付けます。

詳細は上記のチラシをご覧ください

 

 

 

日本消費経済新聞 1月1日号掲載 理事長の年頭所感

その他
UPDATE 2021-01-07

210101 日本消費経済新聞 年頭所感のサムネイル

日本消費経済新聞1月1日号にコンシューマーズ京都の鯰江賢光理事長の年頭所感が掲載されました。

 

京都市自治記念式典にて表彰されました

お知らせ
UPDATE 2020-11-18

 

201015 京都市自治記念式典 表彰状のサムネイル

10月15日(木)にロームシアター京都にて開催された、京都市自治記念式典にて、「はばたけ未来へ!京プラン(京都市基本計画)」に掲げる「まちづくり」の分野において、“魅力あふれる未来の京都の実現”に向けて尽力していることの功績を称えていただき、「未来の京都まちづくり推進表彰」を受けました。